ネクスガードスペクトラで、犬の病気を予防しよう!

投与タイミングは重要

白と黒の薬

フィラリアはやっかいなことに、犬の体内に入ったからといってすぐにどうかなるわけではありません。
そのためとくに体調の変化などはまったくみられないのです。
だから誰もフィラリアの感染したタイミングを図ることができません。
ではなぜ感染してからすぐに症状がみられないのか?

その理由は、フィラリアがしずかに皮膚の裏にとどまり成長を続けるだけだからです。
つまり犬の体内に侵入してもフィラリアはしばらくずっと成虫になるまでは何もしません。
だから気づく頃にはすでにフィラリアがあばれはじめてからということが多くなっています。
そうなると心臓や肺などの血管が完全にフィラリアによって侵されてしまっている状態になるので、もうネクスガードスペクトラでも治りません。

だからあなたはフィラリアが実際に活動をはじめるその前にネクスガードスペクトラで駆除してあげましょう。
じつはフィラリアは皮膚の下でずっと潜伏している最中に必ず脱皮を繰り返します。
その準備期間はおよそ「2ヵ月」。
そして準備完了となったフィラリアは血管に入り込み、体中のさまざまな臓器などに移動をしていきます。
大体ここまでくるのに半年はかかるといわれてたりします。

そして最終的にはオスとメスのフィラリアが体内でそろい、心臓などの場所にミクロフィラリアを次々生み出していきます。
ここまで来れば完全に犬の命は失われますので、必ず準備期間の間に駆除していかなければいけません。
ちなみにフィラリアの感染をした犬はいずれ何かしら症状を見せるようになります。
たとえば初期症状としてはよく咳をするようになるので、常に愛犬を監視しておいてください。