ネクスガードスペクトラで、犬の病気を予防しよう!

感染するその理由とは

ピンクの薬

世にも怖いフィラリア症とは一体なんなのか?
これはイヌフィラリア(通称犬糸上虫)と呼ばれる寄生虫が、犬の体に住みつくことをいいます。
フィラリア症は主に犬の年齢とか種類などにまったく問わず、どんな犬であっても常に感染してしまう可能性があります。
よく「うちの犬は雑種だから大丈夫」だという人がいたりしますが、そんなのはまったく関係ありません。
だから誰にでも平等にその感染リスクがあることを覚えておいてください。

じゃあフィラリアはどこからやってくるのか?
その基本的な感染経路は主に蚊になります。
蚊は地球上ならどこでも飛んでいる生き物ですが、主に夏場のようなあたたかい時期に活発にみかけるようになっています。
つまりあたたかい時期や場所ほど常に犬はフィラリアに感染する可能性が高いのです。
そもそも蚊のすべてがフィラリアの原因になるわけではありませんが、主にミクロフィラリアを持っている蚊が危険な対象となります。
その蚊がもしあなたの犬の血を吸うようなことがあれば、そこから蚊の口を通じてミクロフィラリアが犬の体内に入っていくわけです。
そしてしばらくずっと皮膚の裏にミクロフィラリアが潜伏し続けます。

となると、蚊から犬の身を守ればいいのか!と結論が向くかもしれませんがそれは無謀です。
蚊は常にあなたの犬を狙っており、どこからやってくるのかもわかりません。
たとえ防虫グッズを使っていたとしても、それによって完璧に防ぎきることはまず不可能に等しいでしょう。
だから結局あなたがとるべき行動はただひとつ、ネクスガードスペクトラを使うことしかありません。